前へ
次へ

インプラント手術のリスク面について

インプラントが入れ歯やブリッジと相違しているのは、外科手術という点といえます。人工歯根を顎の骨へと取り入れるというタスクがどうしても必要になるので、部分麻酔の方法で手術を実施します。手術している間は麻酔効果で痛みがもたらされることはあまり見られませんが、手術した後痛みを伴うケースもあります。 そして手術である限り、ダメージを受ける可能性も考えらます。神経そのものが傷つき出血が伴ってしまうなどの危険性は皆無ではありません。 その他には体質に合わないケースがあります。 手術は顎の骨に人工歯根をはめ込んでから、一定の時間観察します。時代が進むとともに癒合することで土台が根をおろします。その一方で人間によって稀ですが、癒合が進まなくて動いてしまうケースがあります。 そういった時には定着せず、異なる対処法を検討してみることが重要になります。以上のようにインプラント手術にはリスクもありますので慎重に検討する必要があります。

Page Top