前へ
次へ

インプラントは最強の治療ですが

インプラントは歯周病で自分に生えていた歯が再起不能でダメになったときの代替の人工の歯です。人工の歯は入れ歯が代表的ですが、これは毎日取り外して掃除をしなければならないし、高齢者でない人には抵抗感があるのが難点です。それに対してインプラントは金属のボルトを歯茎に埋め込み、その上に歯を固定して装着をします。これで自然の歯とほぼ同じような感覚で使用することができるのがメリットです。そして多くの歯医者自体が宣伝をすることもあって、インプラントの利用者は徐々に増えています。しかしインプラントは基本的に保険がきかないのですべて自腹100パーセントの出費となります。しかも1本の費用が高くて安くても10万円以上、歯の場所次第では40万円以上することも珍しくありません。なので数十万円以上の費用を出せる覚悟が要求されます。しかもこの治療法は一度装着したらそれで終わりではありません。土台のボルトなどがダメにならないようにするために、毎日の歯磨きはもちろん、定期的に歯医者に通うなどしてメンテナンスをする必要もあります。

Page Top