前へ
次へ

インプラントの基本原理とは

インプラントは失ってしまった歯を補う方法として比較的新しいもので、自然な歯と同じような噛み具合になることが知られています。その理由も基本原理を理解してみると当然で、歯を支えている顎の骨に人工の歯を固定することによって義歯を使えるようにしているのです。保険治療でよく用いられるブリッジの場合には左右の歯に渡すようにして歯科材料を固定化しているだけなので、噛んだときに顎の骨に力が直接かかることはありません。差し歯の場合にも同様に近くの歯に負担をかけることになります。この違いが噛む感覚の差を生み出しているのです。一般的なインプラントでは顎の骨に歯の土台を取り付けて、その土台の上に歯を接着するという方法を取っています。その土台さえしっかりしたものになっていれば、上にある義歯が万が一欠けてしまったとしても交換するだけで元通りになります。トラブル時にも手術を必要とするような事態になりにくいように工夫が施された設計になっているのです。

Page Top